適度にやっていこう


フォッカチオ広報

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

08
2012  21:00:00

映画「ベルセルク 黄金時代篇1 覇王の卵」

(長くなってしもうた)

映画「ベルセルク 黄金時代篇1 覇王の卵」を見てきた
とりあえず<見た感想><キャスト変更><原作使途の感想>に分けた
なんとなくだ!

007_20120209001413.jpg


<見た感想>
見たのは、公開初日のナイトショー、土曜は適用割引外らしいので少し、泣いた
開演時間ギリギリに付いたので物販覗く程度にしか見れなかったけど
「ドラゴンころし」のペーパーナイフ、ラス1だった
持ってみたら中々の重量w 塗装とかは無くて銀一色だったけど格好よかった
帰り際に見たら売り切れ\(^o^)/
ナイトだったけど30人はいたかな?女性もいてびっくり

OPは平沢進、正直おしっこ漏らした
格好良すぎてw
大スクリーンでのシールケ、犬鎧登場は半身の毛穴盛り立ちまくりw
少しだけ、骸骨のおっさんが蝕破りしたシーンが映し出された。瞬間、うんkもらした
骸骨のおっさんやっぱいいわ~

バトルシーンはカメラワークが面白くて楽しい
空中から回り込む様に接近するとか、柱が多い空洞でも良く動くw
カメラに血が付いて、そのままとかねw

この作品に時代背景とか特に無いんだけど、「西洋剣術」をもって剣でのやり取りを再現
モーションキャプチャーを使っているらしくて、動きは自然・・・
ってベルセルクで言うことじゃないけどw(人間離れという意味で)
動きのある剣は見応えがあった
vsノーマルゾットはアニメでアツかった
心配だった、空洞での死体もしっかり引きちぎられてたしw

映像も綺麗で、特に「空」が綺麗だった
「今」はまだ明るい空がねw

CGとアニメの合成が肝なんだけど、CGの割合が高いかな
「え?ここもCGなの?」ってシーンもちらほら(顔のドアップとか)

主役、というか、目線を置く為のキャラがいないような気がした
心理描写があまりないので、感情移入しにくいのかも
物語を傍から見てる気がしたんだよなー


この一章はvsバズーソ~階段でのすれ違い(対等の友なら~)までなので、
最大風速はゾット登場それもささっと終わってしまうしね

盛り上がりの少なさもある、クラウチング段階なので仕方ないにしてもほとんどが
テンポ重視なので印象になるシーンが無いのがつらいw
悪い意味で流れ作業みたいな場面展開


大分簡素にまとめられていて見やすいし、BGMが雰囲気に合っててすごい良かった
「黄金時代編」はベルセルク知らなくても問題ないし
章としてもしっかりしてるので、初めての人も気にせず行って欲しいなーと思う

二章は予告見る限りだと、ドルドレイ攻略~幽閉までかな?
盛り上がるとこ持ってイッタネ~w
しかも、R指定かかるらしいから、これはくるで!
初の映像化、エンジョイ師匠がぁぁぁぁ!!!!!(第三章登場予定)

ボスコーン戦はアニメでオナシャス!w
後よろしければ、予告の部分を「ウェルカムトゥザ~」のナレーションと共に・・w

私は次回が楽しみです




~ただひとつの怒り~
でも、ここで言ったのは微々たる文句です
再映像化なんて無いと思ってたから素直にうれしかった

でもさ・・・EDさ・・・
折角、Aiの歌が流れてるのに流れてるのにローマ字の羅列って何よ?w
本編関係ないじゃん、参加した人だけ満足させるアレなの?
ツイッターキャンペーンなのかわかんないけど、興ざめにもほどがある

横で鷹がクルクル廻ってるだけの映像流すならそこで
鷹の団とかの映像流せばよかったじゃん、無音でも
OPみたいに単行本の宴会シーン切り抜きやれば印象違ったよ
カットしたくせに、無駄尺使ってんじゃねーよ!

公式HPでやるような事を、わざわざスクリーンでやるなよ
曲もすごくいいのに、自ら台無しに出来ることよくするよね
ここだけは、本気でイラついた





<キャスト変更>
これは少し前に愚痴愚痴言った記憶がw

伊達ガッツは違和感こそ無いもののあまりインパクトは無く無難

グリフィスは森川グリフィスにカリスマ性がありすぎた
としか言えないw

ゾットの声聞いた時何故か玄田さん思い出したw
ゾットが「ほわああああああああ!」言ったら面白いだろうな思いながらニヤニヤしてた
気持ち悪!

他のキャラもそこまで違和感無く見れた、バズーソ役ケンコバは適役w
どうせなら、今ままでのキャストで見たかったけど致し方なし






<原作使途としての感想>
カットシーンが多かったっていうのがやっぱでちゃうw
ガッツ出生の下りからガンビーノ、ドノバン削ったからガッツの内に秘めたのもわかりずらいなーと
ドノバン大スクリーンで見れると思ったのに!w
アドニス殺した時も、これまた感じが違ったんだけどなー

多分だけど、キャスカとのチョメチョメの時に出生エピソード関連は話してくれそうな気がする

あとは水浴びシーン
ここは泣く泣くカットだらしいんけど・・・うーん・・・
鷹の団の主要(ピピン・リッケ・ジュドー・コルカス)成分が薄く感じた
ここの濃さが蝕での絶望の濃度を決定付けて来ると思うんだけどな

タマゴ頭は出ないのかな?
ユリウスの時に出なかったしそのまま出ない可能性もあるわな
グリフィスの持つ恐怖のいい引き立て役なんだけどなw

後は若が出るかでないかで、わかるなw

グリが爽やかになり過ぎてるってのも思った
鷹の目の恐怖みたいなのもなかったんだよね・・・

そういえば、ガッツがゾットと対峙した時に出た恐怖も無かったな
すんなり、しててワロタ
全体的に「恐怖感」が無かった気がする、あっさりしすぎて

言ったところは、見たかったんです、スクリーンで
原作再現なんて映画じゃ無理なのも承知・・・しかし、今回は上映時間短すぎだw
関連記事
スポンサーサイト

 映画

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。