適度にやっていこう


フォッカチオ広報

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

04
2012  21:00:00

木々津作品二冊

何冊かかったのでちまちま書き綴り
お勧めされたので買ってみた「アーサービューティーは夜の魔女」

アーサービューティは

適当あらすじ
謎のバクテリアのせいで人類は攻撃的な性格になってしまった・・・


初めのミスリード面白かったw

アーサービューティは

一見ゾンビ物、だがそれじゃ終わらない
ちなみに次ページで服はぎりとられてます

アーサー可愛いな思ってたらやっぱこれですよ

アーサービューティは

オロオロオロでwwwwねずみざぱーwwww
きっついわーw

詳しいこと書いたり、他の話書いちゃうとオシャカになっちゃうので割愛
他の作品、「ヘレン-esp-」からもゲスト・・・というかメインシナリオにガッツリはいってるw

アーサービューティは

大筋はあるんだけど、基本一話完結形式
なんだろうね、殺伐とした終わり方がいいよね、因果応報というか
最後は、バクテリアがもたらした世界の将来に度肝抜かれたw

アーサービューティは

次は出るのかなー?w
「1」っておもくそナンバリングしてあるけど、「短編」として見たほうがよさそう
ふらんのイメージが強かったから、新鮮味があって面白かった
へれんは不確定連載だったしね・・・

ふらんのなんともいえない終わり方が好きな人はお勧めしてもいいかも
お勧めされた立場からw

次は、「フランケンふらん」の8巻

ふらん

相変わらずの表紙詐欺ひどいです><
斑木レディース一挙勢ぞろい

内容も、面白いのが多かった
舞台が連続するのもあって珍しいなって思ったり

ふらん

たまげたなぁ・・・いや、マジで誰が得すんだよww
ネズラ、センチネル、3年B組ガブリール先生、報われないヴェロニカ等
今までの、集大成ともいえるラインナップ

ふらん

それもそのはず、この巻でフランケンふらんはおしまい
最終ページには、斑木レディースが演者という形でインタビューを受けている番外編がありました

ふらん

やっぱガブリールいいやつじゃねぇか!w
そして、その話を読み終わると・・・

ふらん

終わりなんだねー・・・この奇怪なお話も終わるとなると悲しいものだ
でも、良い終わり方だったのかな、下手にマンネリ化するよりかは

そして裏表紙の更に裏側

ふらん

この写真を見るに、いつの日か、ふらんは斑木博士と再会できたのだろうという余韻を残して
「フランケンふらん」はおしまい、

木々津先生、お疲れ様でした
しっかし、最後までヴェロニカは報われなかったなーw









追記
アーサービューティーは待ってた方が吉なのか!?
どうなんだー!(何も無い空へ)
関連記事
スポンサーサイト

 マンガ

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。