適度にやっていこう


フォッカチオ広報

29
2012  21:00:00

2011秋アニメ  ちはやふる 感想

2クールアニメ「ちはやふる」(全25話)

ちはやふる

簡略あらすじ
残念美人が競技カルタに青春を注ぐ青春グラフィティ(言いたいだけ)
仲間・師・敵を通じて成長していく青春グラフィティ(ボキャ不足)
いやー!面白かった!w
ОP・EDは共に変更なし!両方とも変えないで正解!素晴らしくマッチメイクしていました

中盤からだから・・・全国大会に行ったところからかな
現世最強クイーン:若宮しのぶ(残念ファッション)との激闘はアツかった
下手なバトルアニメよかw

ちはや (2)

音も無く静かにとる姿はまさしく女王
なすすべなく敗退するのかと思ったら途中でブースト

ちはや

なぁにこれ・・・手に汗握るんですけど・・・w
心の中で「いっけー!ちはやー!」とか主人公応援したのいつ以来だろw
下手に追い上げて僅差!とかにならないのが良いところでした

現実にもありそうなブースト、それに至るまでの葛藤・・・
最強、というか圧倒的な相手を前にした時に感じたりする事をよく現してるなーってw
スポーツ経験者なのでよくわかる、ただ私は完膚なきまでに心折られたけどw

それでも現実は厳しく、良い結果を望めないままカルタ部は近江神宮をあとにする・・・
入る時の一礼、去る時の一礼、丁寧に書かれてて良かったです
あそこで色々考えるんだよなぁ・・・

途中、総集編挟みましたがそれまた面白いw
総編集+コミックスのおまけページでこれまたファンには嬉しい構成だったんじゃないかなってw

ちはや

真・ヒロインも出た記念すべき回だったw

ちはや
(バックBGM:OP)

ギャグパートも面白いからなんとも言えないw
メリハリがうまいと言うか、しっかり区別が付いてて見ててだれないです

ちはや

そしてシリアスも完璧
ちはやメインでもあるんだけど、しっかり仲間の机君、かなちゃん、肉まん君、太一も描かれてる

特に太一の心の葛藤は見物

ちはや

肉まん君との死闘、アラタへの思い、ちはやへの気持ち・・・
こいつ、背負いすぎや!wうじうじするけど確かに前へ前へ進んでくれるので嫌な気持ちは無かったむしろ清清しいw

とまたギャグの、動くと残念な千早百面相(ごく一部)

ちはや
ちはや
ちはや
ちはや

こら、残念ですわw まーよく顔面変わったなーw
変に気取らず、正直に顔に出してくれるから千早の好感度は高かったです

お目目治しに

ちはや

全体として
何言ってもしかない、面白かったんだもん

仲間との繋がりも省かずに、お互いが刺激し合える仲間構成
教えたり、教えられたり・・・良い友情だ

後半学校関係ない大会等等で実績を積むんだけど
その当たった相手・相手を教えてくれる、というか相手がわかるので感情移入もしやすい
モブって言うモブがいませんでした

カルタの会の師弟関係もしっかり描かれてる
モブと言うか、メインじゃないキャラで泣くなんて早々無いぞ!w

ギャグ・シリアスメリハリも利いてて良い
見ていて何も不愉快に感じなかった。ただただ、面白いかったです

べた褒めだけど、恋愛は正直いらんかったかも知れないですw

最終回は予想通り、「これからも戦いは続く!」でした
寂しかったなーこの顔見るまでは

ちはや

本当面白かったです!気軽に人に薦めて良い作品
携わった人達、ありがとうございました。おつかれさまでした。


一番好きな回は序盤のみんなで挑むチーム戦!








※本当の名人戦はアニメより早くて度肝抜きました





追記
この髪型好きなんです

ちはや

ええ、性癖です










追記の追記
不満と言うか不安と言うか・・・
BDは買えないので、せめてコミックス買おうかと思っているんですが・・・

ちはやの
恋愛に関する鈍感さ
女性を中心にした三角関係
がどうしても買う手を止めてしまうんですよね・・w

多分だけど、高校生活の三年かけて成長していくんだと思うんですけど、その間に恋愛パートが入りそうで・・・w

ちはやが告白されて動揺、スランプに落ちたりしないだろうか・・・
太一もアラタもどっちもいいから、どっち行ってもあれだなーw
(太一派だけど、報われる気がしねぇw)

色々な面が良い「ちはやふる」、でも恋愛はいらないというか
不安要素でしかないので、しばらく様子を見て買いたいと思いますw
関連記事
スポンサーサイト

 アニメ

 2011秋アニメ

0 Comments

Leave a comment