適度にやっていこう


フォッカチオ広報

02
2012  21:00:00

2011秋アニメ  P4(ペルソナ4) 感想

2クールアニメ「ペルソナ4」(全25話)感想

P4

適当あらすじ
マヨナカテレビ、そこに映し出されたものは不審な死を遂げる・・・
そんなことはペルソナ探偵団がさせないぞ!犯人を見つけるんだッ!青春を謳歌しつつなッ!
OP・EDは前半以上に変わった、それだけ音源があるのか・・・
どれも、その話にあった良い曲でした

いよいよ後半戦、やはりというかギャグが非常に強いw

p4

スタイリッシュ☆ダーツ
ペルソナ3が好きな人にも嬉しい回があったようで・・・

p4

それぞれのキャラがしっかりしてるので、応用しまくりです
癖がありすぎますがw

p4

ギャグは各個人、更には主人公(ナルカミ)のノリの良さで笑わせてもらいましたw
りせちーのペルソナ名前はわからないけど、索敵してる時のひらがな表記好きですw

p4

優秀なんだけど、ちょっと抜けてる感じがたまらないですw
ビーストウォーズのナビ子ちゃんの様で・・w
一説によると、「りせちー」は漢字に弱いから、合わせてると・・・健気(ブワッ

後半戦、菜々子ちゃんが大暴れしました
明らかに何かのフラグを立ててしまったかのように出てきましたw

p4

お父さんとの話は良かったなぁ・・・
奈々子ちゃん、めっさ良い子なんだもん

p4

そして訪れる起きてはならないイベント・・・(ちょっとこれには思うことがあったので追記にて)
そのイベントで起こった、主人公とジュネス王子の掛け合いは良かった
ホモ臭くなくて、いやマジで

p4










(ここからネタバレ含み感想)










マガツイザナギぃぃぃぃぃ!

p4

どうやらゲームでは無いボイスのようですね
普通の「イザナギ!」よりも「マガツイザナギィィ!」って語呂が良いw

「イザナギ」そして禍律(マガツ)に落ちてしまった「マガツイザナギ」
まったく同じ外見にして、様子が異なる同種対決・・・
まさか同種族での頂上決戦になるとは・・・それでの次週持ち越し・・・
やるじゃん(aa略

p4

濃い霧の向こうから、鋭い斬撃音と共に閃光が縦横無尽に走り、その向こう側が晴れて見えるシーンは
カッコよすぎて濡れた。スピード感があってたまらん

p4
(魔剣アンサラーではありません)

そして、最終決戦にも関わらずギャグを挟んでくるスタッフ、抜け目無しです

p4

地面に横たわりながらケツを差し出し真面目な事を言うアニメなんて早々ありませんw

そして決戦も最終局面へ・・・

p4

最終決戦に壮大な曲はずるいと思います
また、仲間のペルソナが放つ光が色とりどりで綺麗なんだな

p4

今までにない輝きを見せる合成陣を背に最後の、ペルソナ!
覆っていた雲が晴れて、画面いっぱいに広がる光溢れる光景

今まで赤黒い景色だったので、目がびっくりして痛かったですw
そして大団円

ふー終わった終わった・・・と思ったら

p4

続きはBDで!

        __                |⌒)
           |     ―――     | |
         ̄ ̄ ̄          ツ  ・ ・


         /\                   /|
        ノ  \         |\___/ λ
       /     \__    | /       \
      /  -― '     ./    /      ・`    |
       |   / ̄\_ \〈    | '・ _/ ̄ヽ   |
      \  \___,) /    ヽ  (___/  /
      /       _/      \_       \


どうやら、通常放送で行ったのが「ノーマルエンド」
そしてBDに入ってるのが、ゲームでの真・エンディングの「完全クリアエンド」

なるほど・・・そう来ましたか。ならばと動画で済ましちゃいましたw
見たけど、確かに尺的に無理だ。3クールやらないと入らない内容でした




全体として
後半のシリアスさ加減、真相に近づいていく感じはワクワクした
前半が仲間集めで潰れるので、若干ワンパターンだったかも

キャラクターは各個人が非常に濃ゆくて、みんな好きですw

バトルは前から微妙とは言ってましたが思ったのは
戦闘時間が極端に短い・人数が多い。常にフルメンバーで動くのでそれだけで潰れちゃうw

ゲームやって無いので、ペルソナチェンジ後・合体後のモンスターが、何なのかわかんなかった
そこらはテロップでも良いから、教えて欲しかったです

人数が多いのでテンポが悪くなっちゃってたのが残念でした
これはそれぞれのキャラクターを大事にしてるって事なんだけど・・・

一応、燃える展開、王道パターンと言うべき事はありました(主人公覚醒・危機からの挽回・友情進化等)
なにせ、それが起こるまでのスパンが短いものだから「おぉー!」とはならなんだ・・・

日常というかゲームだとイベントなのかな?そこはめっちゃ大事に作られてる印象
代償として占めの部分が駆け足になっちゃてるかも

ストーリー・ギャグは文句無し
真エンド含めると、2クールじゃ絶対終わらないよなぁ・・・
これ知らないと謎が残るんですよね、始まりの

これ、アニメ見るよりも先にゲームやったほうが良いかもしれない・・w
ちょっと盛り上がりきれないところもあったので・・w

主人公(ナルカミ)はゲームだと無個性で「よくここまでキャラ付けを!」と言う感じらしいですw
ゲーム→アニメが一番ベストっぽい、やらなくても楽しめるけどw

誰も不幸にならない、綺麗な終わり方でした
楽しかったです


















追記
奈々子ちゃんが死亡した回。正直、胸が高鳴りました
犯人に対する憎しみも増したし、ギャグだった空気が一変して引き締まったように感じた

でも唐突な復活・・・復活してくれて嬉しいんだけど
復活した理由がまったくわからないので、腑に落ちなかった

「絶対許せない!犯人め!」と思ってた感情が一気に腑抜けて
その後、ふにゃけながら見ちゃいました

「アニメ内で誰かが死ぬ」ってキーポイントだと思うんだけど
ただ、その死ぬキャラが奈々子ちゃんって言うのがまずったw

あれは死なせちゃいけない雰囲気だったもんなぁ・・・
都合が良すぎたのか、悪意味でぬるく感じちゃった




関連記事
スポンサーサイト

 アニメ

 2011秋アニメ

0 Comments

Leave a comment