適度にやっていこう


フォッカチオ広報

03
2012  21:30:00

ガン×ソード 感想

2005年アニメ 「ガン×ソード」(全26話) 感想

ガンソード

少女は出会った
復讐の為、ただそれだけの為に荒野を歩く男と

試しにバンダイチャンネルに登録して見たものの
課金と月額枠では見れる作品が違うなんて、これはまた、たまげました。自爆ですが

見たことは無いけど、タイトルがこびりついて離れなかった作品「ガン×ソード」
ふむ・・・面白いw

OPは話数が進むごとに影に人物が足されていくと言う懐かしい演出
珍しく歌なしw でも、カッコいいんだなーてててっててー!

EDは出て来たキャラで枚数が変わる紙芝居、しっとり雰囲気

万丈さんの冒頭ナレーションもたまらん

無気力、復讐の為にしか動かない男ヴァン
理由が無ければ助けないし、仰々しく正義を掲げたりしないただただ〝奴を殺す〟それだけw
実にシンプル

一話の町で出合ったウェンディ
行方不明になったお兄ちゃんを探す為にヴァンについていくことに
しかし、それも因果、ヴァンの探す〝カギ爪の男〟と繋がっていた、と

この二人が絶妙なバランス
ヴァンは彼女のおかげで人としていられる
ウェンディは考えが幼い、でもヴァンを見ながら自分に問い続ける
兄が残した一発の銃弾の行き先を求めて。・・・臭い事言ってしまった

二人を置く事で視点が二つに分かれながら見れる
ヴァンから見ると「ガキがごちゃごちゃうるさいなー」と思い
ウエンディ目線から見ると、「大人頭固くてうぜー」と見れる
これが段々と考え方が近くなっていく楽しい

ニュルニュルの刀を使い戦闘を行いけどこれはおまけ
ヴァンが天空Ⅴの字斬りをしたら衛星から愛機〝ダン〟が!
この世界じゃ「ロボ」は「鎧」って呼ばれるらしい

剣の形から人型に変形
衛星から射出されるのは七対の鎧「オリジナルセブン」だけの演出
それぞれが武器の形を模しているからそれが少し楽しみだったw
この鎧の登場の仕方がウルトラマンみたいでカッコいい

でも「オリジナルセブン」だからと言ってチート級に強いと言うわけではなく
戦い方次第で勝てるようにしたのは良かった

もう一人の復讐鬼が乗る「ヴォルケイン」カッコよかったなー

戦闘は煽り合い、いいね!w
もうね御託並べて立ち止まったりしないからw
動きながら、必要な語り合いだけで進んでくれる、演出もアツいし
やっぱアニメの戦闘はこうでなきゃw

ヴァンが乗っているのは旧式、でヴァン自体も適応能力で乗っているのではなく
体を改造して乗っているいわば、劣等パイロット
適応力も高く、武装追加されているエリート達に挑んでいく姿は胸アツ
パイロットの性格はみんな個性が過ぎるw

話は一話完結方式
前半は、立ち寄った町で起こるさまざまな事件を解決しつつ〝カギ爪の男〟の行方を捜す
後半は、連続ストーリーとオリジナルセブン狩り

三話は見モノ
世界観ブレイカーの「エルドラ5」が出て来るw
勇者王シリーズのノリを思い出させてくれる良機体だけどねw

二人+情報屋で前半は進んでいくけど、後半は仲間が増えて賑やかになる
まーちょっと物足りなくなるかなw アットホーム過ぎて

総評


キャラしっかりしてる
〝復讐〟ってするとなんだか途中でブレたりするんだけど一切ブレないw
「お前をぶっ殺す」しか言わないw
他のキャラもそれぞれの答えを出して進んでくれるので、うざったいキャラがいない

敵も敵で「私を殺しても何も残らない!お前は孤独だ(ry」とか寒いことは言わず
さらっと逝ってくれる後腐れの無さw

ラスト付近の意地のぶつかり合い、女の決闘、防衛線、単騎突入は
怒涛の勢いで面白かった

復讐から世界へのスケールアップも良かった
一人の男への復讐からいつの間にか世界を救うなんて事になるなんて
でも、結局は「あいつをぶっ殺す」w 

ハードボイルド風からなんだか和気アイアイに変わったけど許せる

復讐劇って途中でチャチャいれて揺らいだりする印象だけどここまでぶれないのはすごいw
熱血でキャラも良い、演出も憎いし、コッテコテ中のコテコテだけど、それが良い!
面白かった
関連記事
スポンサーサイト

 アニメ

 アニメ感想

0 Comments

Leave a comment