適度にやっていこう


フォッカチオ広報

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

05
2012  21:30:00

2012春アニメ 「ZETMAN」・「坂道のアポロン」 感想

「ZETMAN」(12話)
「坂道のアポロン」(13話) 感想

z
z

ようやく見終わった・・・
アポロンは見てたんだけどね 「ZETMAN」

z

流されまくってる主人公と正義バカのお話



ジンとコウガの対照的な二人が主人公
正義にはさらさら興味ないけど、意図しない正義、力を併せ持つジン
正義一直線、されど力は無く、豆腐メンタルなコウガ

敵とされてるのはプレイヤーと呼ばれる金持ちのおもちゃだった怪物
しかし、こいつらにも色々ありまして・・・

アメコミのヒーロー物に近いかな?
終始ダークな雰囲気でピリピリムード

シリアスとギャグの緩急が無いからちときつい
「ここはアメコミだからいいんだよ!」と思ったけど
アメコミヒーローモノは実写・アニメでもブラックなジョーク挟んでくれるからなー

アクションは安定
でも、爽快感が致命的に無いのが残念
恨みつらみを残して逝ってくれればドロドロとして見れるんだけど
あっさり死んでいくだけなので、過程はいいけど結果が微妙
〝Z〟の変身シーンはカッコいい、モブプレイヤーはアームズみたいな変身だけどw
第6話の変身は痺れたなぁ

黒の正義〝Z〟と白の正義〝アルファス〟
アルファスはスカイハイの元?というか基盤のデザインでカッコいい
最終決戦で出たゼットンをモチーフにしたピエロみたいな奴は結構好き

正義とは何か?がテーマ
このテーマは1クールじゃとても出せないと思うw
爽快ヒーローなら可能だけどダークヒーロー系は無理w
しかも、二人w


感想

アニメの最終回が今連載中の舞台なんだけど展開がまるで違うかな?

違う終わり方をします!って言うから爽快系になるやもと思ったけど
打ち切りエンドみたいな終わり方なだけだった
映画なら有りだけど、アニメじゃそう捉えてしまった

原作のエグイシーンなどは諸々カット

なんだろ、原作のままキャラ連れて来ちゃったから風呂敷広げ不足
人数が過多状態になっちゃってるw

アクションは良かったけども・・・
微妙だったかなー1クールじゃ無理だったと・・・
コウガが正義に振り回されて、アニメは原作に振り回されたと・・・
意味がまったく違うな、これw 言ってみたかっただけです

原作!って所どころ出したけど記憶はあやふやです
書いてる途中で何を言えば良いのかわからくなってきた



ノイタミナ枠「坂道のアポロン」

z

青春×jazz
塞ぎ込んでる系男子、オラオラ系男子、芋娘の奏でる音楽



このアニメについてそう多くは語るまい

音楽がすごく良い
OPはYUKI、EDは秦基博
爽やかとしっとりのバランスが取れていて素晴らしい

JAZZを演奏する際の動きがすごい!
音としっかり合った動きをしてくれて実写合成してんじゃないかと疑るw

若干駆け足だった部分もあるけどまったくの許容範囲
ラスト8年後とえらい時間が飛ぶけど
最後に出た、りっちゃんみたいに「この二人は変わんないんだなー」
って目線で見れて笑ったw
OPと合わせてタイトルである坂道を下っていく姿は涙が出るw

ボン(眼鏡の主人公)の情緒不安定さにイラッと来るけど
その分フォローも入ってるので笑って見過ごせるw
駆け足になってるけど、これ「2クールやっても・・」という感じなので
1クールでビシッと締めてくれたのは良かった

面白いというよりは感慨深い青春アニメ
心に来た良いアニメ、良かったです








追記
センがドリフターズと被ったのは私だけだろう(方言で)
関連記事
スポンサーサイト

 アニメ

 2012春アニメ

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。