適度にやっていこう


フォッカチオ広報

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

23
2012  21:30:00

真夏の映画鑑賞1/7 映画 「TIME/タイム」 感想

何もやる気がしない、そんな時は映画でブレークタイム
新作で攻めるか旧作で攻めるか迷った結果、新作5本・旧作2本借りてきたw

その一本目「TIME/タイム」

映画

25歳で成長は止まり、腕に時を刻む時計が現れる
それは、〝金〟であり、残りの〝命〟でもある・・・
ある日、貧困層の青年はある富豪から大量の時間を得る



映画はアニメと違って二時間ちょっとの付き合いだからはっきり言える
こう言ってはなんだけど駄作かなw

腕に時計が現れて、それがお金の代わり、残りの命の時間であるって設定は面白かった
そして、貧困層はその日の〝時間〟を稼ぐにも大変なのに、
富豪層は時間を持て余し退屈してるって縮図も中々良かったけど・・・

世界背景があまり語られないのよね
何故このようになったのか、誰が管理しているのか、これでどうしたいの?とか
もうそれを「遺伝子に刻み込まれていること」
「この世界は時間が金で見える命なの!わかりました?」といった感じ

強盗したり、いちゃいちゃしたり、逃げてる、ぐらいしかしてないんだよね
思い出そうとしても大したことして無いから思い出だせないw

相対する敵、明確な敵、区切りを付ける敵がいないから全編通して締りが無い
一応管理局が追ってきてはいるんだけど役不足だし、何より死に方が間抜け
本当にエリートかよw

ネタバレになるけど、
前半で親子が飛びつくシーンと相対的になる様に
後半、恋人と同じシーン持ってきてるんだけど
両方とも、ホンマしょーも無い理由だし、シチュエーションも緊迫感も無い
ただの繰り返しにしか見えんかったw

あと物価がわからん、時間のレートはどんなもんなのよ、この世界
とりあえず「これ買うのに○○時間!」ってインパクトで作ったのかな

全体感想


設定は良かった、だけ
残りの命が見えてる緊張感や、通貨=時間ていうのも

ある程度、答えや展開があれば良いんだけど、その設定さえ生かさないでダラダラしてるだけ
これといったシーンも無いし、メリハリが無く退屈
同じシーンを二回持ってきて、相対的な結果で感動を出そうとしてるんだけど
そのシーンに至る理由がいまひとつ過ぎる

面白くは無い

初め見たときはありがちだけど、「現象の根源を食い止める」とか
「謎を探ってそんなものは無くす」を期待してたけど
「時間を手に入れた主人公が暴れまくる」の方だった
それでも良いけど、いかんせん中途半端で迫力に欠ける

この映画の良かった点は予告の煽り方の上手さ
これは上手かった、めっちゃワクワクしたもんw
予告で釣られるというのも、映画の醍醐味だと実感させてくれた映画でした







追記
ストーリーのイマイチさもあるけど、「吹き替え」がすごく酷いw
自宅じゃ「吹き替え」で見てるんだけど、字幕で見たよ・・・
関連記事
スポンサーサイト

 映画

 映画

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。