適度にやっていこう


フォッカチオ広報

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

24
2012  21:30:00

「勇者ヨシヒコと魔王の城」感想

「勇者ヨシヒコと魔王の城」(全12話)

義彦

なんか旬すぎたな、と反省と自己嫌悪


今週(2012/10月三週)は日本製作の物が、良い感じだったので調子に乗り
前々から「面白い、面白い」言われてた「勇者ヨシヒコと魔王の城」見てみた。
良い感じだった日本製作ドラマは後述・・・。

コンセプトは「ドラクエ風」「低予算の冒険活劇」
OPはミヒマル、これまたくっそ懐いなー!時雨と言い思い出バックフラッシュ

ざっと適当あらすじ

勇者になったら仏さんから魔王倒せ言われた


あくまでドラクエ風。しかも和風。
主人公の服装がアレだったり、ダーマ神殿とか、青色の奴とか
「予算が少ない中で全力で再現した」って感じなので
バカにしてるとかそんなではないw 何気にスクエニ協賛だし、隙が無い

低予算と銘打ってる割にはキャストは豪華なんだよねー
演者の安定力は素晴らしい、全体で見てもかなりレベル高いw
ここでほとんど消えたのか・・?w


仏の割と適当でたまに真面目なお告げを聞きつつ、魔王を倒す為の道具を集めるのが目的
道具と一緒に仲間も集めていくのかなーと思いきや、一話で仲間全員揃っちゃうw

ドラクエと同じく4マンセル
それぞれがわかりやすさに一癖加えたものであり、それを上手く転がしてトークを繰り広げていく
ざっと見た感じで書いていこう、初期印象と一緒に!

●勇者ヨシヒコ(男・勇者→アイドル→勇者)
真面目、超真面目、日常会話がほぼ敬語なくらい真面目
初めは横柄な主人公かと思ったけど予想外だった

真面目の付加属性、それは、真面目ゆえにバカ、そして超スケベ。
尻が好きで途中で巨乳ちゃんが心に舞い込んだ正に性の権化

真面目と言うかまっすぐ過ぎてデリカシーが無い
やる時はやる良い主人公、ただ後半ウシジマくんになってくる

●ムラサキ(女・素人娘→魔法使い)
口悪くて、ペちゃパイ(胸たいら)
武道家?かと思いきや魔法使い

口が悪いのに何故か憎めない、ここら辺上手いと思った
口悪いキャラって嫌われやすいけど、ここまで愛嬌あるキャラにしたのはすげー

全力でヨシヒコにペちゃパイ否定された所は一見の価値有り
ぺちゃぱいぺちゃぱい言ってるけど中の人は推定Dカップ
この世界の住人はなんて贅沢者なんだ!くそったれ!w

ちなみに二期じゃ紫のアッシュが入り名前に掛かっている
更には植毛強制がかかり可愛くなっている、マジで
あぐらかく女子良いよね・・・

●ダンジョー(男?・戦士)
おっさん、ベテラン戦士枠
話の軌道修正やまとめ役で噛ませ犬でもある。たまに悪乗りしちゃう

本性は乙女、つまりオカマである
ダンジョーって「ダンジョン」が元だと思ったけど「男女ー」ね・・w
本編じゃ弱いイメージだけど見えない冒険部分だと活躍しているんだと思う

●メレブ(男・魔法使い)
突っ込み・ボケ
独特な言い回しでボケたり突っ込んだりする
魔法も使えるが「豚鼻にする魔法」だったりどうしようもないものが多い

チャラい癖に逃げたり卑怯な事をしないので意外と好きになれる
大部分のボケの基点でもあり、作品の空気を作っている



本編パートは、
・盗賊(豪華ゲスト)
・仏のお告げ
・村で事件
・おひさ(妹)
に分かれている
連続した目的は「魔王を倒す」だけど各村での一話完結方式
テンポが良く最後の「おひさ」パートは短いにもかかわらずドラマを作っている

魔物パートは手作りのスライム等、学芸臭がしてほのぼのする
巨大なボス敵はアニメにして誤魔化す

感想

人に薦められて言うのは悔しい、悔しいが、結構面白かったw
正直、山田孝之を侮ってました、こいつ・・やりおるw
最後のクロックスのヒモ?部分を上げる描写スゲーと思ったw
他の方々も名演・怪演でものすごい飲まれた。各話毎に感想を書きたいぐらいの勢い

特に好きな回は

2・ブス
4・天女(小池栄子補正)
6・ヨシヒコ、巨乳に目覚める
7・五重の塔
8・ダーマ神社・ポンジ


特筆すべきは第6話、これはおおいに笑った

ヨシヒコ「戦いの中・・ふと・・・巨乳が舞い込んだ」
メレブ「えらいもんが・・・舞い込んだな」


この流れが本当にツボッた、BGM無しでのヨシヒコのアツイ語り
すごく深刻な話風なのに、内容は巨乳について。くだらないw
最後の花畑での狂乱も良かった、本当に悔しそうでw

さて、ここまでベタ誉めだったのでちょっと・・・な部分を
シュールギャグ、なのでこれは好き嫌いあると思う
他の作品出すのもアレだけど、ファーストコンタクト時は「トリックくせーな」
まぁ似たような雰囲気だと思う

連続で見たせいもあるけど笑いがくどい
天丼、同じこと繰り返しもしたりするのでちょっと胸焼けする

基本笑いについてだけど、メインなので仕方なし
二話まで見てくすりともしなかったら、見るのを止めるのが吉
あと、仏パート部分は良くも悪くも、脚本の個性出まくりなので
行き過ぎた笑いになっているかもしれない

マイナスもあるけど全体的に面白い
最後は割りと真面目に戦闘してたしw
これが深夜、週一のリアルタイムで見ていたら楽しみに出来ただろうなー
ゆるい、深夜特有のシュール系ドラマとしてはかなり良かった
二期はやりすぐてつまらなくなるジンクスが外れることを祈ります





追記
オープニングのヨシヒコが一期二期とも加減のせいか、永井大に見える








追記の追記
良かったドラマ、というか映画
「ダブルフェイス」
今更インファナル・アフェアのリメイクかよ!と思ったけど
これまた役者さんや雰囲気で完全グッといかれた
あと、角野卓三に痺れた。ただの幸楽おっちゃんとしてしか知らなかったw
いや、本当すいませんでした
ただ解決編はWOWOWのみな点ですごくすごく大きなマイナス
2013/1/5にやりました!リメイクとはいえ面白い・・・俳優さんすごいなーやっぱり


映画だけど「チームバチスタの栄光」
これすごく好きなんだよね、雰囲気も良いし
メインを殺人事件ではなく栄光である桐生の引退に焦点をあて
殺人の解決はあっさりすませたところもグッド
犯人のあの人独特の空気もたまらない。家にトイレ三つ作ろうとした癖にw

この記事が投稿される位に、「ジェネラルルージュの凱旋」やっているので多分見てるw
栄光の雰囲気求めて見たらガッカリした記憶があるんだけど、どうだったかな?
ただタイトルの異常なカッコよさ

※面白かった

関連記事
スポンサーサイト

 ドラマ

 ドラマ

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。