適度にやっていこう


フォッカチオ広報

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

22
2012  21:30:00

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 感想

(長いし中身が無いです)

いよいよ公開となりました「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」
本来ならば、公開して三週間経過した後にレイトショーで・・が通例だったんですが
我慢できずに行っちゃった☆

エバ
(このパンフさり気なくTV版のエンディングオマージュだよね)

さて、どうしましょうかw
ここにはネタバレ無し、ネタバレありきの感想を【続きを読む】の先に置こう

ネタバレ無し感想

まずこれまでの劇場版の感想を

●「:序」視聴後
ちょくちょく変わってるけど基本TVシリーズのリメイクみたいなもんか
昔の映像を今の技術で見れて良かったなー
宇多田が良かった

●「:破」視聴後
待望のポジティブシンジ君キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
すげー!活劇になってるww奇跡や!奇跡が起きた!ww
これでもうアスカは、量産型に食べられないで済むんですね!
シンジ君棒立ち絶叫は無くなるんですね!やったー!
カヲル君まで飛来して安心感が半端じゃないし

過去の因縁にけりを付けてエヴァ完結まで一直線やー!
エンディング変わって無いのに違う印象を受ける・・・
ヒッキーやっぱすげぇ!

●「:Q」視聴後

ほーそうきますか・・・

さようならエヴァ、お帰りエヴァ


始まった瞬間「あれ?グレンラガンと間違えたかな?」
錯覚するぐらい別作品、というか置いてけぼり世界観
タイトルどおりの展開」uestion」
関係ないけど若干OMO」

「新劇場版」から特に何も見ずに来た人にはさっぱり何がなんやらの謎の嵐
正直「劇場版:破」で活劇としての
エヴァを期待していった人にはつまらない無い内容だと思うw

それぐらい謎の吹っかけ、深刻なまでにわかりやすさはなかった。いや本当にw
ただ、言えないけどラストのシーン
涙するほどじゃないけど言い知れない感動があったw
なんだろ、安心感というか希望はあるんだなって感じのw
冒険に出発する「スタンドバイミー」的なw

このシーンの為にもう一度みたいと思うぐらいなんか良かった
今まではどうにもならず終わって行ったけど、まだどうにかできそうって
希望がある所は今までとは違うなって思った

「破」は気楽に進められる作品だったけど本作はどうでしょうw
でも、言うてロードムービー。最後まで見てから結果は出そう
本作は考察ありき、そして最後の「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」
見てからが正しい感想になりそうだ

しかも、今まで「こんなエンディング望んでない・・・」ってラストだから
もう何が来ても驚かないぞ!

今までに無いノリ、予想を突き抜けた展開で戸惑ったけど楽しめました
ただ賛否両論になるのはすごくわかる
途中でポップコーン食べてる音や飲み物のジュルルルー!って音さえ消失したのは笑ったw
再構築、この世界の選択が進む先にあるのはなんなのか、楽しみが増したような気がします
次回の公開はいつになるんだろうか・・・w 気長に待ちますか
あっ!もう実写と20分ぐらいに語りは無しでお願いします!w 本当にやめちくり~

「ヱヴァ」から「エヴァ」
作り手と視聴者の「エヴァの呪縛」は解かれるのだろうか
と最後にスマしてみるw

あっ、パンフ買ったら少し救われるよ(PR)
そしてアスカ祭りで私得


以下ネタバレありきの感想



ネタバレありきな感想

あれ?シンジ君パラレルに飛ばされたのかなって思ったまんま終わったw
「どうにもならない自体を防ぐ方向で期待してたのに、蓋を開けてみたら
既にどうにもならない事態になっていたでござる」


ポルポルaa(略

簡単に言うと「まごごろ」ってたw
監督がエヴァ作り飽きて、路線変更したものかとw
本当に謎の応酬が凄まじかったですね

なんと言っても「破」から14年という空白の期間は絶望的
そして新ワード「カシウスの槍」「タンデムエヴァ」「フォースインパクト」「ニアサードインパクト」「マークシリーズと号機シリーズのエヴァ」「アダムスの器」「ヤマハw」等々・・etc

もうムリポw
一つ一つやるとキリが無いので気になった所を

●シンジの孤独
いくらなんでも、あんな突き放す必要は無いんじゃないでしょうか!ミサトさぁん!
と思ったけど、光景見せられて動揺したシンジ君見る限りあの態度は良かったのかも・・・

自分(シンジ)が引き起こした事、そして綾波も助けられなかった事
ミサトさんはこれ以上、傷ついて欲しくなかったが故の態度だったのかもしれない
実際、首の爆弾を起爆させられなかった描写でわかる
他のクルーの目線は完全に悪魔を見る目だったけど・・・

シンジ君目線で言えば、孤独。そして視聴者目線w
行動も不快とかじゃなくて、気持がすごくわかる
誰も助けてくれないし、説明してくれない、ただあるのは「14年間の溝」だけ
そら、ダメだ後言われても槍を抜いちゃうわ、だって戻りたいもん

でも、情緒が不安定の行動とはいえ「なんとかしよう」って動いてたよね
パンフの緒方さんインタビューにも書いてあったけど
あれだけTV版で乗りたがらなかったエヴァに進んで乗ろうとしてる点は
何かが変わってる証なのかもしれない

次回、どうシンジ君は結論を出すのか
色々なものがトリガーになって「エヴァの世界」をインパクトしまくってるけど
シンジ君は「エヴァ」という作品を終わらせるトリガーなんだよね

ん?何言ってんだ私は

●カヲル君
普遍的な存在で、出てきた瞬間の安心たるや・・・
まったく・・・すぐシンジ君は顔赤らめるw
しかし、こう立ち回り的には肩透かしな感じだったなーw

前劇場版の思わせぶりなセリフが期待度を上げすぎたかw
でも、なんだかおかしい点もあるんだよね・・・それは後の世界の順番

しかし、なんでカヲル君は第13使徒に変異してしまったんだろうか
アダム関係(過去版だと)なのに・・・
何かが変わりに第一使徒になってカヲル君を第十三使徒に弾き落としたんだろうか
そんな事するのは、リリンの王さんしかいませんよねぇ・・・

●アスカ
ビジュアルが出た段階で騒がれたアスカさんですw
はたしてプラグスーツの傷はオマージュなのか関連なのか・・・

ただひとついえるのはもう「人間」じゃ無いこと
ラストの「ここにはリリン(人間)が来れない」なセリフを言ってるし
何より人間が来れない場所に何で入れるのか(同時にシンジと綾波も)

ビースト777時に青い閃光を発した目、これはシンジの赤目の対象
そして14年経ってるに年をとってない
これは「エヴァの呪縛」だけども詳しくはわかんね

しかし、居るだけで安心するわ・・・w
常に死亡フラグ見えるけど「おがあああざああん!」状態にならないだけありがたい


他に幹になるワードがたくさん出てるけど現状じゃ不可能
予測の域を出ません
ましてや、一回見ただけじゃわかる訳が無いw

ので「:||」まで持越しかな
と言っても説明回来たら本編終わるw
多分、言及されないで考察の域にとどまると思う

世界の順番

やっぱりこれね
カヲル君のループを臭わせるような発言、そして唐突な14年後

新劇と旧劇を混ぜるかで話が変わる・・・ややこしいw
おおーと思ったのは

序:YOU ARE (NOT) ALONE.
破:YOU CAN (NOT) ADVANCE.
Q:YOU CAN (NOT) REDO

序破Qそれぞれ2通りのNOT有りバージョンと無しバージョン真逆の物語がある
パラレルの別々な世界でハッピーエンドルートとバッドエンドルートに別れる
それぞれを交互に映像化して放映してる

序はNOTありバージョンを放映(これは逆かも)
破はNOTなしバージョンを放映
QはNOTありバージョンを放映
シンはNOTなしバージョンを放映と予想

それぞれ映像化してないバージョンは次回予告で脳内補完て事で
予告が序の時も破の時も使われてないシーンだらけなのは映像化してないバージョンの予告を流していためだと思われる
つまり序→破は違和感ないけど実はパラレルの別世界
破→Qもパラレルの別世界で矛盾点が多々目立つシーンがある
Q→シンは全く話が繋がらないけど破並のエンタメで締めてくれるはず


(某巨大掲示板より)
つまり、劇場で流したのは分岐が違う話説、これは面白いと思った
放映されて無いver.がテレビ版なのかもしれないね

素直に連続のストーリー説
序→破→(14年の月日・破終わりの予告で説明終了)→Q→

でも上記の内容だとカヲル君の
「今度こそ~」「また会える」発言がちょっと合わない
これでが最初でそこから始まるパターンもあるけど
これだとシンジ君の「綾波助けたはず!」発言がおかしい

そこに旧劇も混じるとさっぱりw
「旧」を記号化して「||:」で今度の「:||」で完結みたいな話もある

でもあの世界は交わるか・・・?
断片的には繋がったりするけど、どこかで綻んでしまう

私は素直に連続説でいきます
今までのエンドは選択のミス、可能性の分岐で起こったと
カヲル君の記憶はアダムクラスになれば記憶の共有も出来るんじゃないかなと
白き月の使徒だけが使える共有感とかw

他の旧劇を臭わせるアイテムは、SFだし
パラレル世界で起きた現象が少なからず影響してしまった、とw

もう、エヴァは誰もが納得する終わり方は出来ないと思う
それこそ「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」で旧劇・TV版
を巻き込んで全ての因果律を結ぶしか手は無いと思うw
ま、絶対無いと思うけどw

この年になってみて「ありがとう」エンドもまんざらでも無い気がしてきた

最終感想

意味不明の度合いが凄過ぎて、さっぱりわからないw
でも色々なサイトで考察を見ると面白い
謎掛けや、思わせぶりな発言が多数あった「Q」でより面白味が増した

明確な答えが無いからこそ、ここまで来たのも頷ける
放映し、後のアニメに変な風潮を持ち込んだ(壊した)エヴァ
はやく呪縛を解いてくれw
「:||」「破」寄りのエンディングでさっぱりしたい

しかし「Q」は本当に考えてなんぼだなーと










追記
記事長い割に中身が無いのは仕様
EDで電撃復活をしたヒッキー
「桜流し」を買って聞いたけどあまりピンと来なかった

エバ

しかしですよ!
あのラストとすごく合うんだよねーこの曲・・・
前もシンジ君の心境だったけど本当にぴったり
恐ろしい子!( ´゚д゚` )

これ買おうと思ってもDVDだけなんだよね・・・
音楽自体はダウンロードのみの販売と言う
さすがヒッキー!そこに痺れる(ry
関連記事
スポンサーサイト

 映画

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。