適度にやっていこう


フォッカチオ広報

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

06
2013  21:30:00

2012秋アニメ ヨルムンガンド PERFECT ORDER 感想

「ヨルムンガンド PERFECT ORDER」(分割2クール・12話・前期後期合計24話)
前回の感想:ヨルムンガンド 一期

ヨルムン

僕は武器商人と旅をしていた
・・・といつから錯覚していた?
ヨルムンガンドは空を食う


タイトル、一話のナレーションでのヨルムンガンド<世界蛇>の説明の意味がようやく解き明かされる


今回も武器売買の裏での攻防戦が主軸
キャスパー陣営が良く出てて私得でしたな!

ヨルムン

心が読めないと思っていたキャスパーでしたが実は一番シンプルだったと言う
6話「嘘の城」で日本商社の襲撃された時は笑ったなぁw

なんだろう状況と凄く相対的だよね
命が危ないほどの脅威にこっちがドキドキしてるのに対して
画面の中のキャラ立ちはハシャイでるって、良くもこれがヨルムンガンドの空気

ヨルムン

チェキータさん祭りやばかったな!
他のキャスパー陣営は地味だけどキャスパー・チェキータで濃度が濃くなりすぎてるw
単独特攻・守備防衛が最強ってとんでもない化け物だぜ・・・

見てるとチェキータさんは母性があるようです
こんなスリーパーホールドが上手いお母さんは嫌だ

さて、ここからはココ陣営です
結構キャラモノだと思って見てたので最後は「みんな無事」ってオチなのかと思ってたら
途中で仲間死にました。これが良い緊張感を生み出したと思います

死にそうで死ななくて死ぬ、良い塩梅

とは言ってもキャラが非常に個性的な作品
特に笑った回は見てる人なら確実にワイリの回でしょう

ヨルムン

HAHAHA!もしも~し?
目には目を、歯に歯をの通り、爆弾の超エキスパートワイリさん
正直、一期見たとき「なんでいるんだろう?」と思ってましたが

実は一番パンチの強い奴だったとは・・w不覚ッ
この回は見続ければ笑います、確実に

※映画「ハート・ロッカー」BTFのビフ思い出した

基本、ココ陣営・キャスパー陣営が入り乱れて攻防戦を行っていきますが
その裏でココが博士と何やら不穏な動きをしているのが一話からフラグとして出てきます

そして、後半は武器売買とは全く違った作戦などでこっちにも疑惑が出来ます
ココは何がしたいんだろうとw
突然ヨナ(少年兵)に明かされるココのヨルムンガンド計画・・・
こっちもビックリですw

このときのココ完全に悪役です、めッちゃ怖いw
でも、ヨナは答えを出せずにココから逃げ出してしまいます
アレだけ嫌っていた武器を手に

時は流れ・・・
ヨナとココは再会し答えを出します


二期目感想

前半から、一期の雰囲気を壊さずに進め
最後に、ココが裏でしていたことに関する事が結ばれ
カタルシスをいただきました、ご馳走様です

キャスパー・チェキータ・ワイリが主役と言ってもいいぐらいこいつらが濃いw
キャスパーはココと違う視点・考え方で中々面白い
「~が無ければこんぼうを売ろう・・それが武器商人だ~」云々の発言は
こいつ・・・やりおる!と思ったw

基本的には一期と雰囲気は一緒です
なので続けて見てもなんら問題は無し

「武器売買のいざこざ」だけではずっと続いて、「武器商人の日常」みたいになってたと思うから最終着陸点を作ってあったのはよかった

最終回は良かったと思います
後腐れなくて



全体感想

面白かったです
緊迫感とコメディの割合が良い感じで変に偏らなくて

ベテラン勢ばかりだけど見てるほうとしてはヨナが居るので
視点を置きやすかった

キャラも濃いし、トーク・雰囲気も良いです

ただ、最後のオチの部分
「ヨルムンガンド計画」は着地地点としては良いけど
結構ぶっとびな全容なのでここでズコーとはなりましたw

今まで優しかったココが一番怖くなって
嫌い(?)だったキャスパーに転がり込んでいく様子は面白かったなぁw
見てる側としても、不思議と気持はわかる
ヨナとチェキータのコンビはもっと見たかったぞ・・!
デレデレチェキータさーん!

惜しかったのもここなんですよねー
その後、計画保留で空白の二年がヨナの語りでさらりと流れるんですが
ココらへんで心境の変化が見たかったなーと

だから最後も悪くないんだけどもう一味欲しかった様な・・w
でも尺の都合もあったし、仕方ないね

そして「ヨルムンガンド計画発動!」
という所で終わってしまいます

ヨルムン

中途半端と思うかもしれませんが、これで良いと思いますw
全容は知ってるし、もしやったとしてもグデリまくって見れたもんじゃないかと・・・
物語も変わってしまいそうだしw

終わり方としては綺麗に片付いたんじゃないでしょうか
ヨルムンが発動を区切りとして

若干の難としては、「顔」と「ヨナの心境変化」「オチの壮大さ」
ぐらいかなー他の感触がすごく良いので気にならないです


雰囲気の作り方が本当独特で面白かったです
スタッフ・関係者のみなさん、お疲れ様でした









追記
ヨルムンの先は見てきたいという気持はありますが
少し不安が

成長したヨナのアゴが尖り気味だった事がw
関連記事
スポンサーサイト

 アニメ

 2012秋アニメ

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。