適度にやっていこう


フォッカチオ広報

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

11
2013  21:30:00

2012秋アニメ リトルバスターズ・新世界より 折り返し感想

2012秋アニメ「リトルバスターズ」「新世界より」折り返し感想

リトバス
新世界

どっちも途中でネタバレを見てしまった
いや、一個は「された」と言うべきかw


まずは「リトルバスターズ」

リトバス

野球やろうぜ!


主題歌は聞いた事あるんだけど本編は全く知りませんでした
原作は結構有名なゲーム、野球が主題だって初めて知ったw

「野球をやろう」から仲間をドンドン集めていって
順次エピソードを消化していく・・・と言った感じ
主人公(?)には謎の病気、時折届く「世界の真実へ導く手紙」・・・等々
野球やってる横で不穏な空気を醸し出してます

物凄くキャラがみんな濃ゆいw
語尾、口調、シルエット・・・明確なモノがありすぎて
胃もたれするレベルw わかりやすいんだけどねw
ちょっと痛いノリなので初めは苦笑いでしたが、今は不思議と慣れましたw
仲間との結束の強さが良く描かれててほっこりする

女性キャラがいっぱい出てきますが
過度なハーレムと言うわけでは無いです

だから前半「ハーレム学園モノなのかな?」と思ってみてましたが
チョクチョク入る「世界の謎」というワードでシリアス味を出しているので
これはどういった目線で見るのが良いんだろうか悩んだw

ノリも結構きつく、ギャグがあまりつぼに入らなかったり
キャラのノリ、作風に付いていけなかった・・・年なのかもしれないw
アニメアニメ、「アニメノリ!」の典型を久方ぶりに見たような気がする

だから、途中でギブアップしようとして最後にネタバレをチラ見しました
そしたら俄然興味が沸いて来てしまったw

どうあのラストに物語が紡がれていくのか
どうやらゲームでも序盤は「あまり・・・」といった話をプレイ済みの方に聞いたので
2クール作品なので気長に見てみようと思います

わふー!が非常にかわいい
犬系少女に悪は無し-

次は「新世界より」

新世界

呪力と言う力を持っている人類
学校のキャンプで出会ってしまった〝ミノシロモドキ〟〝バケネズミ〟未来に大きな影響を出す


有名小説?が原作なアニメ
別マガで漫画もやってるけど、内容に差異が結構あるので一緒に見ると少し混乱する
民謡的な音楽が御伽噺の様な、ホラーを演出してて良い
OPは無し・・・というか上記に言ったような民謡っぽいのが流れて
即本編ていう速さw

すごい独特な演出と絵柄
ちょっとまどろっこしかったりする
ストーリーテラーがいて、日記を読んでるかの様に進んでいきます
「このとき私は知らなかった、(アレ)が起きるまでは~」みたいなw

キャラもわかりやすく5人
問いかけ少女、リーダー少年、強気少女、弱気少年、無法少年等
この五人がメインです、そして今放映段階では2人になってしまいました・・・

「○編」で話は大まかに分けられます

少年編(発端)-
ミノシロモドキから歪な世界背景を知らされ
バケネズミ(人間が使役している巨大ネズミ、人間を神様と呼ぶ)との出会い
作品の説明的な編、バケネズミ、呪力等大まかな設定を見ることが出来ます
チョメチョメしちゃいそうな場面もあったり、多分未遂だと思う・・w

ひと夏の冒険ような雰囲気
周りの変化、行方不明者が出ようがさして気にしない時


青年編1(業魔)-
この世界の恋愛感は自由です
男と男がキスしたり女の子同士でイチャイチャする描写が出てきます
男同士のキスとかテレビで初めて見たwしかも、舌から目まくりエゲツナイネ
どうやら原作だと、物凄く濃厚に描かれているようですw
別れのシーン、語りは多いけどくる物がある


青年編2(別れ)-
少し退屈だけどここが大人編で一番大事なパート
今まで僕だったはずのバケネズミが知らぬところで知恵をつけ
人間に近いコミュニティを形成していく様は不気味

ここで主人公達の問題行動の理由、業魔、悪鬼について
様々な事がわかるパート

一人一人と減っていく章でもあります
そして、バケネズミに対する不信感が一層強くなり
「大人編」で起点になる部分が非常に多い、言わば種まきの章でもある
若干、話が進まず中だるみが出ちゃう所がきついw

大人編(事変)-
現在放送中のところです
植えに植えた種を、今咲かせまくっているところですw
ココ数話は結構面白くて、楽しみに待っています


実は三話ぐらいにネタバレをされちゃったりもするw
断片的なものだけどねw

私は前半ちょっとつらくてネタバレを先に見てしまいましたw
ココはリトバスとほとんど同じ流れで、どの様に紡がれていくのかが楽しみになりました
詳しくは見ずに概要バレの様な感じですかね
そうすると、本編内(アニメ)の事がわかりやすく結びやすくなって
大分見やすくなった

面白くなってくるのは青年編ぐらいかなーそこまでが鬼門
いかんせん会話シーンや後々の為のワード出しが多いので

不穏な空気作りが上手いなーって思った
科学とオカルトが絡まっているのもなんか良い

「あれっ?」と思う部分はちょくちょくあるけど許容
これから後半は盛り上がりっぱなしになりそうで楽しみ










追記
秋アニメの2クール、面白くなってきた
サイコパスも良い感じに来てるし、
関連記事
スポンサーサイト

 アニメ

 2012秋アニメ

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。