適度にやっていこう


フォッカチオ広報

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

16
2017  21:30:00

【映画】キング・オブ・エジプト

映画

あらすじ

名前からして、
堕落な王子が神々の試練に挑んで真の王になる
とかそんな感じの映画ね、エジプトだしハイハイ。

と思ってたんですが全然違いました

映画

気力転身ものでした。
大味あらすじ

神と人間が暮らす世界。
新たな王(神)の戴冠式にクーデター!
貧乏人は転生不可の世紀末のはじまりだじぇっ!
オウザヲダッカンセヨ!
人間と神の凸凹W主人公が贈る冒険アドべンチャー!




ストーリー感想

初めに大まかな世界の説明がなされます。
神は見た目人間だけど微妙にでかくて、黄金の血が流れるよ!
って言われますが、ほとんど神しか出てこないんでこの説明いらんかったですね。

開幕、ものの数分で主人公、服盗みます。
理由は、戴冠式に行く彼女にいいおべべ着てもらいたいから。

あー式典でステージ上るからかな、て思ったらただの客でした。

彼女は神を信仰して、もっともらしいこと言うのですが
盗みを咎めるどころか、「またやったのいふふふw」
と物凄い罪悪感の欠片もないフリーダムさ!

そこは「私たちは貧しくても、心は気高く~」みたいに咎めて
主人公の盗み癖封じて最後に見せ場作るポイントやろ!

開幕から攻めてくれるキングオブエジプトですが、
もっとビックリするのはヒロインの吹き替えの棒っぷりです。
キングオブロッド。プロメテウス再来。

多分ですが音響で無理やり音質いじってるせいか
一人だけ声サラウンドなんですよねw
主人公はキスマイの子らしいのですが上手かったと思います。
ちな無駄に回りを豪華声優で埋めてるのでヒロインの子強制処刑状態です。

棒っぷりでまだ引っ張れるんですが置いといて、いよいよ(まだ10分ぐらい)戴冠式。


戴冠式

クーデターですね。
オシリスの息子ホルスへの継承式。
そこへ、砂漠で過酷な試練化されてた叔父セトが登場。

映画

あの・・すごく・・・小物臭・・w
いあぁ・・・そこは現実のスポーティさじゃなくて
神だし可動無視のゴージャス装備で欲しかったわ!w

人間体の時はセトが圧勝。さすが砂漠の狂犬。
ピンチになったホルスは転身。
羽がある分ホルスが有利になって逆転されるんですが
そこはセトさん、砂漠で鍛え上げられらた地力の差を見せつけます。

映画

セトフラッシュ!フラッシュ!
目をくらませた隙にボコボコ!ざまぁ!


情けねぇ!w

いや、そこは叔父なんだし圧倒的な力の差見せて欲しかったよw
そんなんでセトが王座に就き世紀末が始まります。

あっ、ちなみに主人公が盗む理由
小さい時に神を信じていた母親をその貧しさで亡くし、気高き心なんて意味ない
欲しいものは盗んででも得るんだ!
っていう設定なんてないよ。

ただ盗み癖のあるクソガキだよ。


中盤

ホルスは逃げ、すったもんだあり恋人は死にました。
その恋人生き返らせる取引をして
主人公とホルスはセトを弱体化させる為に冒険に出ます。
まぁ生き返らせるの嘘ですけど。

映画

人間をバカにしてるけど、主人公の行動を見て
だんだん神らしくなってく描写は好き。

主人公も無謀なことしつつも、臆せず機転を利かせて活躍するんですよね。
嘘つかれても、彼女が信じた神から離れず信仰を超えた友情でセトに挑みます。
なおさら初めの万引き描写いらねぇw

ちなホルスの声はサンクレッド、その恋人はミンフィリアです。
ミンフィリア異世界に吸い込まれるとこまでそっくりでワロタ。
あと、世紀末の世界じゃ黄金の量で来世に行けるか決まるので、
さらっとどっかのババぁが消滅しました。

映画

一方セトさん。
他の神から守りの翼、強心臓、千里眼、英知の脳みそを手に入れ
自分のヴァージョンアップを図ります。
マグマで柔らかくしてハメていくという、まさかの半田ごて方式。

映画

カーンカーン!
親父であるラーの最強ウェポンの火炎槍も手に入れ、
まさにぼくの考えた最強のSDガンダムになったセトさん。
最終決戦です。


終盤

ホルスは前半千里眼二つ取られて一つは奪え返したのですが、
片方は奪われセトに装備されています。眉間に。
ハメただけなんで人間である主人公のナイフの一撃でぽろりしました。

失うのは片目か、人間かで正しい選択をし、
真の王になったホルスにボコされて終了です。そらそうよね。
飛行戦メインのやつについ最近羽つけたやつが勝てるわけないやん。
ぼっこボコですよ。

映画

装備全部剥がされましたよ。
「英知なる頭脳」全然役に立たんかったなw
神さえも焼き尽くすラーの槍も生かせず、奪われ刺されました。
むしろ地球投げされて落下してる時、
上空にバンバン火炎弾撃ってましたが、あれ自分で加速させてたんじゃねぇか・・?w


まとめ

色々叩かれてるって聞いたんですが、格段悪くなかったですね!
良くもないので、極上に暇な時見るのがいいかもですね。
ジャンルはファンタジーアドベンチャーですかね。

むしろ血の描写が無いので、お子さんとかに見せやすいかと思います。
少しですが変身ものだしね。
でも、聖衣するのは二人だけで、
見栄え良さそうなラーはおじいちゃんでっかいおじいちゃんになるだけです。

天動説の世界何なんすけど、チラッとしか映らないのがもったいない。

ヒロインがめちゃくちゃ棒なのはきになりましたが
というか、題集めにメインにタレント呼ぶ映画業界の風習ほんと嫌い。
売らなきゃいけないのは分かるんけどさぁ・・・多少はね?

説明不足は確かにありますが
話としての起承転結、王の帰還て部分はしっかりしてるので
日曜の憂鬱なときに見るといいかもですね。
終わり方も綺麗だし。超大作風の力の入ったB級て感じです!

いい気分で視聴できましたね。
という訳でばいばーい!

関連記事
スポンサーサイト

 映画

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。